×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力回復マッサージ

視力回復マッサージは意外と効果があります。お金をかけて視力回復センター(費用対効果が悪いと考える人も少なくないようです)に行ったり、視力回復手術を受ける前に、やってみてください。

視力回復マッサージは気持ちがいいので、目が疲れた時などにもオススメですよ。視力回復マッサージには何種類かありますが、覚えるのが面倒だったら、親指の腹で目の周辺を指圧するだけでいいでしょう。眼球を触ってしまわないように注意するのが一番のポイントになります。

目の回りには眼精疲労に効くツボがたくさんあるので、眉の上や目の下の骨をなぞるように押していけば、いい感じでツボにヒットするはずです。こめかみを親指で押しながら、人さし指の側面で押していくと、なお効果的です。親指と人さし指で鼻の根元あたりを押さえて、上下に揉むのもいいと思います。意外な視力回復マッサージ方法としては、頬骨の一番下を親指や人さし指で押すことです。押して見るとちょっと痛いので、効果があるのかもしれないのです。

マッサージ前にやけどしない程度の熱さのホットタオルで目の周りを温めたり、こすりあわせて温かくした両方の手のひらで目を覆うのもいいようです。視力回復マッサージをする時には、とにかく眼球を傷付けないように、充分に注意しなけれねなりませんね。当たり前ですが、指先が目に入ってしまうのもよくないです。爪が長い人は短い人にやってもらいましょう。爪が刺さると危険です。さらに気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)よさを求めるのなら、フェイス用のマッサージクリームなどを使用して、目の周りをリンパマッサージするといいですよね。

これで高額な視力回復手術をせずに視力回復できれば良いですが、これだけで劇的に回復するという話はあまり聞きません。サプリやグッズ、視力回復センター、ネットで評判の視力回復法などと組み合わせて効果的に視力回復できたら良いですね。視力回復では川村博士のジニアスeyeが口コミ評価も高くてお勧めです。

>>ジニアスeye

視力回復の本

視力回復本を何冊か紹介します。最初のうちは、大ブームになった「マジック・アイ・エクササイズ」のシリーズ。3Dの立体画像を見ているうちに、視力が回復します。継続しないと戻ってしまいますが、視力は一度下がったら戻らないといった考えを吹き飛ばしてくれる一冊です。「マジック・アイ・エクササイズ」のシリーズと一緒に買う人が多い視力回復本「視力UPアイグラス」をあわせて使うと、更に、視力回復に有効でしょう。


「2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング」は、トレーニングの方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)に向き不向きがあるようですが、効果があったという人も多い視力回復本なので、一度、試してみてください。ただ、「読むだけ」では視力回復しないだと言われています。

イメージングの力で視力回復するという一風変わった視力回復本「視力アップ!イメージング・アイ―ジョイ石井のイメージングメソッド」は、一日2分のトレーニングで済むので、今まで読んだ視力回復本の中で一番いいという人も多い本です。ただ、理論などが合わない人もいらっしゃるようですから、本屋さんで立ち読みしてから買うといいかもしれません。「視力低下は『脳の疲れ』が原因だった!―アメリカ視力眼科界の最新成果 1日10分、パソコン・ゲーム時代の新・視力回復法」は、脳のトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)から視力を回復させようという視力回復本です。パソコン、携帯電話などを主に使用する人にオススメします。たくさんの視力回復本がありますが、自分に合っているかが大切なので、よく確認してから購入してください。